記事一覧

意外と知られていないバイナリーレートの特徴?!

みなさん取引していて「ちょっと待てよ~MT4のレートとバイナリーで見るレートと違う!」なんてことないですか?
この画面撮った時は夕方で動きが付きだしたころです:
20180123c.jpg
ローソク足の幅違うじゃん!ってなるよねw
Nancyもそう思ってシステム部に何度も質問していますが、納得行った後にまた忘れてしまうのでアップしようと思いました!


bid ask 1
BT Optionでまず見れるこのオレンジ色の帯なにかわかる?
オレンジ色で帯になっているのは帯の下がBIDレート、帯の上にはASKレート(売値)の幅となっています。

MT4などBT Optionのテクニカルで表示されているレートは通常BIDレート(買値)です。
なのでBT OptionでのテクニカルチャートもBIDレート表示です。

BID,ASKレートの表示方法は以下の通り。あ、でもBID ASK ARROWSを選択してみてください!
bid ask 2

設定一回してもらえたかな? はい、では次を説明します。
20180123d.jpg
この画像は一番上で使った画像です。テクニカルチャートと購入画面ではローソク足3つ分が特に
差が出ているように見えたけども、実際購入チャートは間違っていないのです。
どこのバイナリー業者もMIDレートを利用しています。これは不公平にならないためにMIDレートを利用しているのです。
要するにBID と ASKの間がバイナリーで使っているレート。

^D31BB75025EA3C4DAF6386580041EA0AAEAD2A77297D169EA6^pimgpsh_fullsize_distr
(上記の2つの画像は一緒の時間枠じゃないからねw)

なので常にBIDとASKの間のレートが購入画面で出てきますが、
指標発表とかある時にレートを提供している会社がスプレッドをすごい追加したりするので、
(BT OPTIONではどうにもすることができないw)これで幅がとても大きくなるため、
テクニカルチャートではローソク足がすごい幅大きくなっているのに、MIDレートの購入画面とは遥かに差があるように見えたりします。
特にこの幅が大きくなった時にはバイナリー取引するMIDレートがBIDからすごい離れているように見えてしまうのも当然ですよね。
だって見えているBIDレートと見えていないASK幅がすご~く離れてて、その間に存在するMIDレートだから。w

ってことです。

なのでおかしい!って思った時は
テクニカルチャートで一度BID+ASKを表示させて、右はローソク足を表示させて実際スクリーンショットをとって、
MIDレートがあっているか確認したらわかると思います!


20180123charta.jpg
またすべてのバイナリー業者はレート提供先(フィードプロバイダー)からレートを引っ張って取引画面に表示していますが、
このレートと、みんなが見ているMT4、MT5で見ているチャートのレート提供先が違うと、若干レートには差が出ます。
例えばの↑のチャートは左のテクニカルでは110.762、右のBT テクニカルチャートでは110.764です。
こういった差は出るから気を付けてね!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

BTOPTION FX 口座開設はこちら

Youtubeチャンネルあるよ!

youtube small

BT FX口座

ツイッター フォロー(ファン(✧≖‿ゝ≖))募集中!

プロフィール

Nancy

Author:Nancy
取引大好きなNancy(ナンシー)です。趣味はトレードと食べ歩き、旅行です。私もFXトレードは大好で、週に2回ほどライブ放送で取引を楽ししんでいます。みなさん、一緒に取引で稼ぎましょう!

クリックしてね♪

0からわかる!初心者のためのバイナリーオプション解説

バイナリーオプションとは?
バイナリー基礎動画!Part 1
バイナリー基礎動画!Part 2

バイナリーオプションとは何?という事から、取引システムを使った取引方法までわかりやすく解説しています。

バイナリーオプション実践手法